肌には大きな負担

剛毛の場合、しっかりと処理したいと思うとカミソリ等を利用する場合はどうしても力を入れてしまいがちです。
勿論その分深ぞりが出来る可能性もありますが、それによって肌には大きな負担を掛けてしまう可能性もある為注意しなければいけません。

 

 

肌が黒ずんでしまう原因の一つは、過剰な刺激により色素沈着です。

 

 

脇の自己処理ではカミソリを利用するのが一般的となっていますが、その時の力加減、さらにカミソリの種類によっては自分では気づいていないうちに黒ずみになっている場合もある為注意しなければいけません。

 

 

特に剛毛の場合は剃る事に集中してしまって、肌への負担軽減をおろそかにしてしまう事もあり、かなり濃く黒ずんでしまってから気づくという場合もあります。

 

 

ただ、カミソリを使ったら必ずしも黒ずみになるとは限りません。

 

 

シェービングフォームを利用して肌に負担を掛けない様にする事と、保湿を丁寧に行う事が重要になります。

 

 

またカミソリ自体は出来るだけ剃り味の良い物を利用して、古い物、刃こぼれを起こして居そうな物の利用は控えます。

 

 

 

頻繁に剃るとどうしても黒ずみになりやすいので、剃る回数、頻度を出来るだけ少なくするというのも重要なポイントです。