肌への刺激を止める

脇の自己処理で肌にダメージを与えてしまうと色素沈着してしまい、黒ずみが気になります。
何年も過ぎてしまったら黒ずみは消せないかとあきらめている方も多いのではないでしょうか。

 

まずは、自己処理をやめることです。

 

自己処理を続けているという事は、肌への刺激が続いていて色素沈着の原因を作り続けているという事になります。
脱毛の専門のサロンやクリニックで施術を受けて自己処理から卒業すると自己処理をしなくてよくなります。

 

その際、黒ずみについて相談してみるのもいい方法です。

 

自分で手入れをしてみようと考えた場合には、黒ずんでしまったまま放置してしまった状態の脇の色素沈着はホワイトニング効果と保湿効果のあるクリームやジェルを塗って肌の乾燥を防ぎながらホワイトニング効果で黒ずみが薄くなるように続けましょう。

 

美白に効果のあるサプリメントを飲むこともおススメです。
どちらも今日飲んで明日効果が出るというものではありません。
諦めずに続けることが大切です。
その間、肌への刺激になることは避けるようにしましょう。そして乾燥には気を付けましょう。乾燥した状態は外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。
日焼けをすることも避けましょう。