脇の自己処理で黒ずみ、ブツブツになる原因

脇の自己処理をした時のありがちなトラブルと言えば黒ずみやブツブツ。
まず黒ずみができてしまう原因としてはメラニン色素の発生が挙げられます。

 

 

自己処理の方法としては毛抜きやカミソリなどが代表的ですが、こうしたお手入れ方法は皮膚に刺激になってしまいます。
そして刺激を受けることでメラニン色素が発生し易くなってしまう為に黒ずみになってしまうことがあるのです。

 

 

黒ずみのトラブルは脇だけに限ったことではなく、その他の部位のお手入れをした時にも同様に発生することがあります。

 

埋没毛

続いてブツブツの原因についてですが、まず埋没毛が挙げられます。

 

 

例えば毛抜きで抜いた時には毛穴や周囲の皮膚にダメージになってしまい、それによって毛穴が塞がれてしまうことがあるのですが、その結果毛穴の中で毛が成長することがあるのです。これが埋没毛であり、ブツブツとしたり炎症を起こして痒みや痛みを伴ってしまうこともあります。

 

雑菌による炎症

雑菌による炎症もブツブツの原因です。

 

 

例えば浴室に置いてあるようなカミソリを使って処理する場合ですと刃に雑菌が湧いていますので、その雑菌が毛穴に入り込んで炎症になることがあります。

 

 

自己処理によるトラブルの原因はいくつかありますが、適正に処理するように心掛ければこのようなトラブルは起こりません。

 

 

黒ずみやブツブツが発生してしまった際には長期目線でしっかり色素沈着などのケアを行ってゆくことで改善は可能とされています。
自己処理はあくまで独学の方法となりますので黒ずみが発生してしまうのは無理もないことです。

 

 

出来てしまった脇の黒ずみは速やかに保湿系の美白クリームでケアしてあげましょう。

脇の自己処理で黒ずみ解消ケアの方法とは?

脇の自己処理での一番の悩みに黒ずみがあります。どんなに気をつけていても自己処理なのできちんと手入れが行き届いていない場合が多く、それが黒ずみになる原因となります。

 

 

そこで脇の黒ずみ解消ケアとしておすすめするのは重曹です。

 

 

重曹は汚れを中和させ落としやすくしたり、発砲効果で汚れを浮かせ易くするので料理や掃除に使われたりと用途は様々ですが、実は脇の黒ずみにも一役買ってくれます。

 

 

黒ずみへの重曹の使い方は簡単で重曹をボディーソープや洗顔料に入れて普段通りに洗うだけです。

 

 

注意点としては重曹は研磨効果があるので強く擦りすぎない事です。

 

脇の自己処理ケア〜重曹応用編

応用編としてクエン酸をプラスした方法もあります。

 

ケア方法は重曹とクエン酸を混ぜ、炭酸を発生させる事によってより高い洗浄効果を発揮する事ができます。

 

 

ただ、刺激が強いため肌への影響が出る方もいるので注意しましょう。

 

 

また、黒ずみになる原因によってもケア方法が全く違い、一歩間違えば逆に悪化させてしまう場合があるのでそこを見直す事も大事です。重曹を使った脇の黒ずみケアを紹介しましたが、肌の状態は人それぞれです。自宅で手軽にできる分すぐに試してみたくなりますが、必ず自分に合うかどうかを見極めてから試すようにしましょう。

脇の自己処理とエステサロン脇脱毛の黒ずみ方の違い

脇の黒ずみはある程度年齢を重ねた方が悩みやすい肌トラブルだと言えます。
若いころは肌が白くても、肌の曲がり角を過ぎて水分量が減ってくると乾燥しやすくなり、急激に肌トラブルのリスクが増えてきます。

 

しかし、脇という部位は紫外線をほとんど浴びないので、本来は顔などと比べて黒ずみが起こりにくいはずですが、実際は脇の黒ずみに悩んでいる方は非常に多いのです。

 

 

この原因として脇脱毛があり、処理する頻度が多いほど黒ずみのリスクが高くなります。

 

ただ処理方法によって黒ずみ方は異なり、例えば脇の自己処理とエステサロン脇脱毛の黒ずみ方の違いとは進行のスピードにあります。
自己処理に関しては、シェービングが一番黒ずみしやすく、脱毛ジェルの場合は進行が少し遅くなります。

 

 

シェービングは肌ダメージが大きく、肌を乾燥させやすいのも一因となっています。

 

これに対してエステサロン脇脱毛の場合は、処理後に保湿ケアをして潤いを与えてくれるので、脱毛ダメージはかなり解消されます。

 

 

顕著な黒ずみにつながることは少ないですし、処理を重ねるほどムダ毛が減っていくので、慢性的な黒ずみも少しずつ解消していくでしょう。
つまりは脇の自己処理とエステサロン脇脱毛の黒ずみ方の違いとは、黒ずみが進行するか、一時的な黒ずみかの違いなのです。